光脱毛を行う際の脱毛周期

光脱毛はエステサロンや脱毛サロンなどで施術を受けられ、
その手軽さやリーズナブルな料金で人気となっています。

光脱毛について

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、ムダ毛の黒い色素に反応する特殊な
光をムダ毛部分に照射することで毛根に熱のダメージを与え、
毛母細胞と呼ばれる毛を生えさせるもとになる細胞を破壊することで
脱毛効果をあらわすというメカニズムの脱毛方法です。

脱毛したい部分に光を照射するだけの簡単な施術内容ですので
1回の施術は短時間で終了しますが、実は1回だけの施術では
完全にすべてのムダ毛をなくすことはできず、個人差もありますが
光脱毛は合計で約6~10回ほどの回数が必要とされています。

また、自分の好きなタイミングで適当に施術を行えば良いというものでもなく、
1回1回施術を行う周期も決められています。

毛周期に合わせた脱毛

ムダ毛には毛周期という生え変わりのサイクルが存在します。
ムダ毛は肌の表面に見えている部分は全体の20パーセントほどしかなく、
それ以外の部分は肌の下に潜んで生えてくるのを待っている状態です。

肌の表面に見えている部分の毛は活動期、肌の下に潜んでいる毛は
休止期という時期にそれぞれあたり、およそ2~3ヶ月のサイクルで
活動期と休止期の毛が入れ替わっています。

光脱毛で1回に処理できるのは、肌の表面に生えている活動期のムダ毛のみ。
そのため1回に処理できるのは全体の20パーセントほどだけとなり、
すべてのムダ毛を処理するには2~3ヶ月おきに1度の施術を
複数回繰り返すことが必要となるのです。
この施術周期をきちんと守らなければ十分な脱毛効果は得られないことがありますので、
サロンでの指示に従って正しい周期で施術に訪れることが大切です。

光脱毛アフターケアはサロンの指示にしたがって

光脱毛は、低価格で、安心・安全に肌への負担を少なく、
脱毛が出来るという点で、若い女性を中心に人気を集めています。
特に見えないけれど処理が大変なハイジニーナ脱毛などはこれから
ますます需要が増えるのではないでしょうか。
ですから光脱毛の効果を最大限いかすためにも、アフターケアは重要な要素があります。

比較的、肌への負担が少ない光脱毛ですが、個人差があるので注意

肌へのトラブルが少ないといわれている光脱毛ですが、
肌への負担は個人差がありますので、必ず事前のカウンセリングで
自分の体質にあっているかどうかを確認することが必要となります。

基本的に、脱毛後のアフターケアはサロンの指示に従って下さい。
施術前の契約時などにも提示されますが、何かしら不安点がある場合には、
必ず確認をしてから光脱毛を利用するようにして下さい。

光脱毛をした際の基本的なアフターケアについて

光脱毛の基本的なアフターケアの方法はどこのお店でもだいたい統一されています。
施術当日の入浴・激しい運動などは、避けて下さい。
施術翌日でも脱毛部位の赤みが気になる場合には、
同じように入浴・運動は避けたほうがよいでしょう。
脱毛部位への直射日光は、施術後2~3週間は控えて下さい。
顔や手など、日光を避けるのが難しい場所は、日焼け止めクリームを使用するなどして、
日焼けをしないように注意しましょう。

また、脱毛部位は乾燥しやすいため、保湿を心がけて下さい。
光脱毛の場合、脱毛箇所を保湿することで、効果を高めると言われていますので、
乾燥対策でなくても、保湿をおこなったほうがいいでしょう。
また、夏場などはどうしても制汗剤を使用する機会が多いと思いますが、
脱毛箇所に制汗剤を使用してしまうと、毛穴にパウダーが詰まってしまう
可能性がありますので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

COPYRIGHTc avifac.org ALL RIGHTS RESERVED.